ニュース・他

M字ハゲ対策と改善方法!!正しい知識を!!

2017/03/23

以前、『朝シャンはハゲる』という記事を書きましたが、

今回は『M字ハゲ』についてです。

M字ハゲについて皆様ご存知でしょうか?

額の両端から、薄毛や抜け毛が増えてアルファベットのM字のようにハゲることです。

別称、『ベジータハゲ』とも言われています。

ほとんどの方はご存知でしょうが、

ベジータとは、アニメ『ドラゴンボール』のキャラで、M字ハゲの代表例です。

ベジータくらいM字ハゲになっている人は要注意です。

ベジータからナッパさんやクリリンさんになって手遅れになる前にM字ハゲ対策をしましょう!

スポンサーリンク

M字ハゲの原因はAGA

まず、M字ハゲはなぜ起きるのでしょうか?

それは、額の生え際からハゲる原因はすべてAGAです。

なんじゃそれ?

AGAとは、『Andro Genetic Alopecia』の略であり、

日本語で『男性型脱毛症』と訳されています。

AGAは、年々、ゆっくりと時間をかけて進行する脱毛症です。

AGAについて、まずは正しい知識をしっかりと付けましょう!

AGAは成人男性3人に1人が発症する!?

AGAは成人男性の3人に1人が発症します。

怖いですね(;・∀・)

また、薄毛の悩みを抱えている人の多くの割合を占めているのが、前頭部、つまり、AGAなんですね。

これは、『HAIR MEDICAL』で行っているアンケートをもとに出されたデータです。

また、厄介なことにAGAは発症率が高く、

そのまま放置すると、年々、薄毛が進行していきます。

徐々に進行していくので、気付きづらく、

気付いた時には、

M字ハゲになっています。

人は、信じたくないような現実に直面すると、

その現実を見なかったことにしたり、

その現実を意識的に変えてしまう心理が働きます。

現実を受け止め、自分が動かないと変わらないのに。

ですから、

「断じて自分はM字ハゲではない!」

なんて、思っている人こそ危険です!!

成人男性の3人に1人がAGAであるから、

恥ずかしいということは決してありません。

安心して、胸を張って、

「自分はM字ハゲだ」ということを

認めてあげて自分をいたわるところから入りましょう。

AGA発症のメカニズムについて

さて、AGAについてもう少し詳しく見ていきましょう。

AGA発症のメカニズムは、

男性体内で生成されるテストステロンというホルモンが

5αリダクターゼという酵素と結びついて、

ジヒドロテストステロン(略称:DHT)という物質ができます。

この憎きジヒドロテストステロンが抜け毛や薄毛の原因となっています。

このジヒドロテストステロンが原因で、抜け毛や薄毛になることが

AGA(男性型脱毛症)です。

ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長を極端に遅らせる働きがあります。

髪の毛の成長が遅れることで、薄毛やハゲの原因になります。

AGAの恐ろしさ

AGAの症状があるにもかかわらず、放っておくと

取り返しがつかないこととなります。

何もしないとAGAの症状は悪化していき、

全く生えなくなります。

基本的に髪が生えなくなって3年を過ぎると、

その部位は

全く生えなくなります。

そうなると、自力治癒ではなく、

植毛などの他力治癒になってしまいます。

そうなる前に、できれば、早めに対策をしたいところです。

AGA対策

AGA対策で、

  • 育毛剤
  • 生活リズムの改善
  • ストレス解消
  • 禁煙
  • 適度な運動
  • シャンプー
  • 頭皮のマッサージ
  • etc

がありますが、ネットでの評価をまとめると

微妙そうです!!

多少の効果はあるのでしょうが、

先程の『HAIR MEDICAL』のデータによると、

規則正しい生活をしていても、

体質や遺伝によってAGAを発症しやすい人もいることはわかります。

結局は、体質や遺伝が大きく関係しているのではないかと

個人的には分析しています。

ですが、規則正しい生活習慣を送れていない方は、

まずは規則正しい生活習慣を治してみるのも良いでしょう。

それだけで、改善されればラッキーですね!

AGAをすっきり改善したい方は、

専門の医療機関に行き、お薬をもらうことが良いでしょう!

M字ハゲ対策と改善方法~まとめ~

M字ハゲ対策と改善方法は、専門の医療機関へ行くことが重要です。

それ以外の方法はもしかしたら、治るかもしれませんが、

あまりお勧めできません。

M字ハゲの原因、AGAを放置していると取り返しのつかないことになります。

そうならないように、予め準備しておきましょう!

それでは。また!

-ニュース・他
-, , , , ,