ニュース・他

【心理学】カクテルパーティ効果で2人の距離がグッと近くなる秘密とは!?

2017/03/23

「ファンタスティック!!!」
最近、街中を歩いていると、「ファンタスティック」という言葉が頻繁に耳に入って来ます。

「いよいよ、私のファンタスティックログが有名になってきたのかな?」

なんて、

毎回一瞬思ってしまうのですが、実際は、映画『ファンタスティック・ビースト』の宣伝でした(;・∀・)

「なんで、こんなにファンタスティックという言葉が耳に入るのか?」少し疑問に思い、調べてみた結果、

なんとこの効果は

『カクテルパーティ効果』というそうです。

さらに、このなんともオシャレな名前の『カクテルパーティ効果』は気になるあの人の心を射止めてくれる可能性も秘めているのだとか!!!

スポンサーリンク

カクテルパーティ効果とは?

カクテルパーティ効果をご存知でしょうか?

簡単に説明すると、カクテルパーティ効果とは、自分が知っていることや興味を持っていることについては、不思議と目に入ってきたり、耳に入ってくることです。

元の意味は、パーティのような多くの人が雑談する中で自分の名前や興味のある話は自然と耳に入ってくるということから由来しているそうです。

このカクテルパーティ効果は心理的効果の一つで、この心理的効果が働いて「ファンタスティックログ」を運営している私が、「ファンタスティック」というワードに対して人一倍敏感になるということなのです。

このカクテルパーティ効果により、どのようにして気になる人との距離を縮めることができるのでしょうか?

カクテルパーティ効果で2人の距離を縮める方法

カクテルパーティ効果を利用して、2人の心の距離を縮める方法とは、相手の名前を呼ぶということです。

自分の名前は、自分だけの持っている特別なものです。

その特別な意味合いを持っている名前を呼んでくれる人は特別なものであると頭の中に自然に認識されます。

ですから、名前を全く呼ばない人と名前を呼ぶ人と比べると、名前を呼んでくれる人の方が好意を持たれる可能性がグッと上がります。

逆に、あまり快く思っていない人から名前を呼ばれると「気安く私の名前を呼ばないで!」なんてこともあり得るので注意が必要です。

あだ名で呼ぶことでさらに親密度アップ!!

カクテルパーティ効果の応用で、あだ名で呼ぶことでより親密度はさらにアップします。

あだ名は二人の間だけの特別な名前。

ずっと「あなた」や「~さん」だとちょっとよそよそしいですよね。

「~ちゃん」、「~くん」と呼べる仲であれば、呼び捨てになれるようになりましょう。

呼び捨てになれるようになったら既に二人の仲は近いので問題はほとんどありませんが、二人だけのあだ名をつけて呼び合うと、もしかしたら、もっと親密度がアップするかもしれません。

ただし、あだ名は相手が喜ぶものにしましょう!

悪い特別なあだ名をつけると、呼ばれる度に不快に思い、相手との距離ができてしまいます。

まとめ

カクテルパーティ効果で、相手の名前を呼ぶことでその人の意識が自然に呼んだ人に向かい、心の距離を縮めることができるということでした。

ですが、既に仲の良い人や必要以上に名前を呼ぶことは逆効果もありますので、くれぐれも注意が必要です。

「まさか、『ファンタスティック』から思わぬ心理効果まで発展するとは!!」

「まさに、ファンタスティック!!素晴らしい!」

なんて、

思ってしまいました(;・∀・)

それでは。また。

-ニュース・他
-, ,